家づくり

お腹に息子がいた頃から
そろそろ家を建てようか
という話になりました。
(というか「建てようよ」と私がごり押しした、というか。。。)



大手メーカーの住宅展示場を二人で結構まわったのですが
どこも似たり寄ったり。
モデルルームって、いいものがいっぱい使ってあるから
お値段を聞いて
「そんなのムリ~」
っていうことばかりでした。

見学に行くと
「待ってました」とばかりに営業の方が出てこられて
あれやこれやと延々説明をしてくださって・・・



ちょっと嫌気がさしていた頃
本屋で手に取った本に載っていた工務店に
ピピピ!
と何かを感じました。

ただし
住んでいるところから1時間半もかかるところにある工務店のため
今後のことを考えて行き渋るパパを説き伏せ
お話を聞きに行きました。


結果として、その時の工務店さんに
私たちの家を建ててもらうことになりました。


担当してくださった設計のMさんとYさん
最初の時から、私たちの話をとてもよく聞いてくださいました。

その印象がとても良かったことと、とても話しやすかったこと
一緒に1から家を造っていくというスタンス
そして何より
国産の木の家ということ
 
それらのことが、ここにお願いしようと決めた理由でした。



大きなお腹を抱えて、毎回打ち合わせに行ったことも良い思い出。
妊娠の週数が進んだ頃には
私たちの家まで、たくさんの見本を持って打ち合わせに来てくださいました。

出産で打ち合わせを中断して
息子が4ヶ月くらいになった頃から再開

息子を搾乳したおっぱいと共に実家に預けて打ち合わせに行った時は
帰る頃には、私のおっぱいがパンパンになり
車の中で授乳ケープで隠しながら搾乳したことも(汗)
息子が、母乳でもミルクでも何でもOKな人だったので
本当に助かりました。


打ち合わせは、毎回本当に楽しかった!
私たちの希望が
少しずつ図面上で形になっていくのは
ワクワクするものです。



そんなこんなでようやく
地鎮祭を行えるようになりました。
[PR]