冬の色

c0035012_15242932.jpg










伊吹山に初雪
風もきつかったし、ものすごく冷え込んだので
やっぱり。。。って感じ。
伊吹山に3回雪が降ると、里にも雪が降る
というのは、このあたりの言い伝えです。
結構当たってるから、昔の人はすごい。

湖北の冬は、いつも鉛色。
晴れることが少ないし、だらだらと雨やみぞれ、雪が降り続きます。
でも、私はそんな暗い景色が美しいと思うんだけどな。
ひなびた柿の木に実がぽつぽつ残っていて
そこに雪がうっすら積もってる様子とか、
散々雪が降って、急に止んだ時のモノクロの風景は妙にくっきりして瑞々しいし。
雪が積もった日の夕方に見る夕陽は、びっくりするくらい赤くて美しい。
毎日がどんよりした色だからこそ、
そんな色彩の変化に、気づくことができるのかも・・・

ブルックナーの交響曲第8番を聴きながら
湖北の景色って美しいよなあ。。。と考えた休日でした。

あ、今日は大阪城ホールで友達が「一万人の第九」に出演。
今年も、あと少しです。。。。
[PR]
by getoo | 2006-12-03 14:58 | 日記